100%オーガニックかつ食用のローズオイルを使い、よもぎ蒸し(よもぎ成分を入れた熱湯の蒸気を下半身から浴びる健康法)と同じ要領でローズエキスの恵みを下半身から体へ届けます。

ローズオイルには、ダマスクローズ、ローズヒップ、イヴニングプリムローズ、3種類を使用。

“本物のローズ” は、生理やお通じ、妊活など、女性特有なお悩みへの対応力が高く、体を内側からキレイにするため、肌への良い変化も期待出来ます。

ローズ蒸しテントとは?

「ローズ蒸し」とは100%オーガニックの食用ローズオイルを使用したメニューとなっています。 使用されているローズオイルには、ダマスクローズ、ローズヒップ、イヴニングプリムローズ、3種類となっています。

上記のイメージ画像から連想された方もいらっしゃるかも知れませんが、いわゆる「よもぎ蒸し」と同じ仕組みです。「よもぎ蒸し」とは美容大国韓国で600年も前から行われている民間療法の一つです。よもぎ成分を入れた熱湯の蒸気を下半身から取り込みます。今回のメニューはこのローズオイルバージョンです。
■期待される効果

生理やお通じ、妊活など、女性特有の悩みへの対応力が高いです。体を内側からキレイにするため、肌への良い変化も期待出来ます。
■メニュー内容は簡単

やり方は「ローズオイル塗布→テントに入る→浴座に座りローズ蒸気を浴びる」の3ステップなので簡単です。

本物のローズ」と申し上げるたび、「ローズに本物・偽物があるの ?」と尋ねられることがあります。

ローズそのものが本物か偽物かということとは少し異なります。

ローズの精油は希少で、ダマスクローズの精油なら1g作るのに約3,000本の花を要します。 そのため、安定供給が必要な大量生産品は、人工的に作られたローズ風の香りをつける機会が増えます。

結果、多くの人が、これを「ローズの香り」だと認識します。
事実、“本物のローズ” の香りを嗅いでもローズだと気づかない人は少なくなりません。

人工には人工の社会的役割がありますが、本物には本物にしか出来ない使命があります。
それは、ローズが持つたくましい生命力、生きるチカラを、オイルを通じて私たちに分け与えてくれることです。
* 当サロンのローズは、厚生労働大臣登録検査機関で分析されたものを使用しています。

ローズ蒸しテントはスエットロッジのミニバーション

ローズ蒸しテントは、ネイティブアメリカンに伝わる生まれ変わりの儀式を行うスエットロッジを想像させます。
スウェット・ロッジは、アメリカ・インディアンの儀式のための小屋で女性の子宮に例えられています。この小屋では『治癒と浄化』の儀式を行います。儀式を受ける人間は、衣服を脱いで、布一枚を纏います。
スウェット・ロッジは、全米のインディアン部族に見られるもっとも一般的で、しかも重要な儀式である。薬草の香気を含んだ蒸気によって身を清め、汗をかくことで健康を回復させる「治癒」の意味と、「心と体の浄化を伴う文化的な集まりの場」の二つの意味を持っています。そして

ローズ蒸しテントは一人用のテントにマント一枚で入っていただき、オーガニックローズの蒸気を粘膜から取り入れて女性の健康を回復させる治癒と心の浄化を行う。そのテントの中で祈りを捧げる・瞑想するなど好きなように過ごす。MOONLODGEでアメリカインディアンのミニ儀式が体験できます。

powered by crayon(クレヨン)